新着情報

取材<ゲンダイ>

  • 2015年1月4日 日曜日

1月1日の日刊ゲンダイに取材記事がでましたので、抜粋し紹介いたします。

みんなの党解体で現在無所属の塩村都議/(C)日刊ゲンダイ

みんなの党解体で現在無所属の塩村都議/(C)日刊ゲンダイ

「結婚したほうがいいんじゃないか」――6月の都議会で、セクハラやじを浴びた塩村文夏都議。注目を集めたせいで、週刊誌にあれこれ書き立てられもした。所属のみんなの党も解党……大丈夫ですか? 本人に聞いてみた――。

「『1000万円もらって御曹司と別れた』とか『赤いレクサスをもらった』など、いろいろ書かれましたが、事実無根です。過去の通帳まで弁護士に見られて、そういうお金の出入りがないことも確認された。レクサスは自動車ライター時代に自分で買ったもので、いまも自分でローンを払っています(笑い)。ないことないこと書かれて、困りましたね。

私の行きつけのお店に記者の人が押しかけて、迷惑がかかったりとか。サイバー警察の人から、『ネット上の誹謗中傷がひどいから、通報したほうがいい』と、逆に心配されたほどです。

解党? まだ1年生で党内のゴタゴタに関わる暇もなかったので、よく分からないまま解党だ、と。『えっ!?』って感じでした。ただ無駄の削減を訴えてきた党なので、内輪モメを長引かせず交付金も返納してと、いまとなれば“らしい”かなとも思います。今後は動物愛護、女性施策、私は被爆2世なので脱原発といったテーマをやらせてもらえる党があれば、そこで頑張りたい。

14年はとにかく思いもしなかった一年でした。ただ良くも悪くもセクハラやじで注目され、東京に限らず、私の言葉に耳を傾けてもらえるようになったのは確かです。

プライベート? 家族だんらんできる社会を目指している私自身が、深夜まで働いているようではダメだなと(笑い)。都議2年目、もう少し早く帰れるようになりそうです。猫と遊べる時間も増えるかも」

写真、文 日刊ゲンダイより

プロフィール

塩村あやか

1978年7月6日生まれ。放送作家として「24時間テレビ」「シューイチ」など数多くの番組を担当。

2013年6月、世田谷区より東京都議会議員選挙に出馬、当選。現在、東京みんなの改革 代表、厚生委員会 副委員長、動物愛護管理審議会 委員として活動中。

女性政治家のリアル

個人献金のお願い

twitter

facebook

日経BP コラム連載中

DRESS コラム連載中

劣悪な環境のペットショップについて

TOKYO ZEROキャンペーン

塩村あやかと一緒に活動してくださる ボランティアの方募集中

お問い合わせ先・都政へのご意見

E-mail
info@shiomura-ayaka.com

Copyright © 2015 塩村あやかオフィシャルWEBサイト All Rights Reserved.