都議会活動

◆動物愛護・子育て・環境など◆平成28年度予算要望◆副知事に◆

  • 2015年12月17日 木曜日

平成28年度予算要望を副知事と財務局長にさせて頂きました。

311項目に上ります。

主なポイントは

「オリンピック・パラリンピックまでに実現しなくてはいけないこと」

動物愛護(ティアハイム化、地域猫の推進、愛護啓発など)
LGBT施策(マイノリティを阻害するのではなく、ソチ五輪の各国首脳の行動を勘案しての施策が必要)
受動喫煙施策(バルセロナ以降に条例等の整備がないのは開催都市のうち東京だけ)

 

 

そして、「女性が働きやすい東京」を要望しました。

熱心に「非正規雇用」「フリーランス」という形態で働く女性がまだまだ「女性が働きやすい東京」だと思えない状態であることを聞いて下さいました。待機児童の数え方も各区がバラバラで、条件別に出して考えることもしていないので、参考になりにくいことや、フリーの女性は育休どころか、「産休」すら取れる状況にないことが現実だとお伝えしました。
ある優秀なフリーの女性(リクルート→社会貢献事業で起業)から切実な声を頂いたばかりです。

ワークシェアリング、家事シェアリング、家事代行活用で、
子供が、お父さんもお母さんも一緒に夕食を食べられるようにしていきたい。
お父さんだけが働きすぎで、お母さんと子供だけで夕食を食べて育った人多くないですか?

東京ウイメンズプラザではレベルの高いイベントが行われていますが、各施策の素晴らしさが掛け合わされて効果が倍になっていないことが残念なので、横の連携をしっかりとして施策の効果を高めることも要望しました。

 

環境施策も要望。
東京都は2030年までに、2000と比べて30%削減する目標を出しました。
これは国の2013年比26%よりもアグレッシブ。
こうして厳しくしていくことで、技術の革新が進むのでやっていくことが必要です。

東京が日本の環境施策と技術革新をリードし、
東京が世界の環境をリードしていくことを望むものです。

最後に。
東京防災が素晴らしいので、ぜひ活用増刷をお願いしました。
その際にはペットの同行避難など、少し改定も必要です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

短い時間なので、各施策というよりも上記を柱に伝えました。

「ちゃんと一般質問、聞かせて頂いていますよ。特に動物愛護のお話については、は担当局もやらないといけないと分っているはずですから」とお答え下さいました。ああよかった。ただし、担当局は超老朽化したセンターの建て替えどころか、調査の予算要求もしていない状態。この1年、課長は何度も「分っているんですが、予算が通らないんです」と言っていました。各自治体が変化しているなか、財政のいい、東京だけが遅れている動物愛護。ですよね。
都は先般の私の一般質問について「譲渡の拡大に向けた施設への転換について検討していく」と答弁してしているので、宜しくお願いします。

気になる箇所はしっかりとメモを取りながら聞いてくださいました、安藤副知事と長谷川財務局長に心より感謝を申しあげます。

プロフィール

塩村あやか

1978年7月6日生まれ。放送作家として「24時間テレビ」「シューイチ」など数多くの番組を担当。

2013年6月、世田谷区より東京都議会議員選挙に出馬、当選。現在、東京みんなの改革 代表、厚生委員会 副委員長、動物愛護管理審議会 委員として活動中。

女性政治家のリアル

個人献金のお願い

twitter

facebook

日経BP コラム連載中

DRESS コラム連載中

劣悪な環境のペットショップについて

TOKYO ZEROキャンペーン

塩村あやかと一緒に活動してくださる ボランティアの方募集中

お問い合わせ先・都政へのご意見

E-mail
info@shiomura-ayaka.com

Copyright © 2015 塩村あやかオフィシャルWEBサイト All Rights Reserved.