視察

札幌の動物愛護 視察と要望に伺いました(1)

  • 2016年2月1日 月曜日

  

札幌市が「本気の殺処分0」を目指していると聞き、視察に伺いました。

◆議会と職員が本気(日本初の新条例制定間近)

◆主力の動物愛護団体が本質を理解している

昨年度は殺処分0を達成していますが、行政として大きく喧伝することはないそうです。なぜなら、「負傷動物など手の尽くしようがなく、どうしても安楽死をさせたほうがいい場合もあるため」とのこと。いまは年に3頭程度のため、負傷動物でも責任ある団体が引き出して治療や看取りなどをしていると言います。

また、無理な譲渡をして行政発表の殺処分が0になっても、団体で長く抱えんこでもよくありません。

  
 猫も本年度は48頭(病的子猫45)に留まっています。元々北海道という越冬が難しい土地柄はありますが、

◆離乳前のボラ譲渡 ◆土曜を開所して成猫の譲渡が進んだ ことが大きな理由です。
【条例が上程されます】

  
◆8週齢規制の努力義務が盛り込まれている

◆特定犬の飼い主の順守義務と規制強化

◆多頭飼育の届け出義務(10頭)



が、含まれており、全国でも1・2を争う画期的な「動物福祉先進条例」になります。

本当に素晴らしいと感じました。視察後の本日の新聞に書いてあるとおり、議会の方によると、全ての会派が賛成に意向だとのことです。丁寧な調整をかけている様子もうかがえます。

上記のうち2つ「8週齢規制」「多頭飼育の届け出」は、昨年の東京都動物愛護管理審議会で私も取り入れるべきだとして、発言をしたものです。しかし、両方とも蹴られてしまいました。意識の高さでいえば、もう札幌のほうが東京の数倍上だということになります。
【意見交換会&勉強会】

北海道獣医師会会長、札幌市小動獣医師会長、同左常務の方を含めて、しっぽの会主催で勉強会を開催しました。

  
私の主張である「ベース2規制」を早く取り入れなくては、「行政が喧伝している殺処分0」は「闇に流れてしまっている命を無視した殺処分0である」という話をしました。獣医師会としては前向きではない印象を受けました(意見の食い違いはありますが、とても紳士で建設的な話ができました)。問題は飼い主が捨てるから、殺処分が減らないという意見ですが、私の主張は表の数ではなく裏の数だということを再度説明をしました。

  

様々な意見が飛びましたが、私は週齢規制に100%の納得が得られなくても、実際に機能している国があるのだから実行するのがいいと思います。参加してくださった弁護士の方は「何か数値基準がないと、法律でも正直何もできないのと同じ。だから、ある程度コンセンサスが取れているものでスタートしてほしい」との意見で落とし所が見つかった感じです。
勉強会の後の懇親会でも、小動物獣医師会の方と激論をしました。

そして、2時間では話足らず、雪が舞い散る中を歩きマクドナルドで11時近くまでコーヒーを飲みながら動物愛護法の改正の焦点や、札幌の現状や東京の現状などを話し、意見交換を熱く行いました。とても有意義な日でした。みなさん、お疲れ様でした。

プロフィール

塩村あやか

1978年7月6日生まれ。放送作家として「24時間テレビ」「シューイチ」など数多くの番組を担当。

2013年6月、世田谷区より東京都議会議員選挙に出馬、当選。現在、東京みんなの改革 代表、厚生委員会 副委員長、動物愛護管理審議会 委員として活動中。

女性政治家のリアル

個人献金のお願い

twitter

facebook

日経BP コラム連載中

DRESS コラム連載中

劣悪な環境のペットショップについて

TOKYO ZEROキャンペーン

塩村あやかと一緒に活動してくださる ボランティアの方募集中

お問い合わせ先・都政へのご意見

E-mail
info@shiomura-ayaka.com

Copyright © 2015 塩村あやかオフィシャルWEBサイト All Rights Reserved.