新着情報

豊洲市場問題 百条委員会否決で幕を閉じた小池知事初の定例会

  • 2016年10月13日 木曜日

小池百合子新知事を迎えた定例会が終了をしました。

①知事の給与削減条例について
本来は恣意的な給与の設定を防ぐために審議会を通すことが望ましいのですが、今回は話が別。これまでの腐った都政を変える意気込みと受け止め、知事は報酬ではなく給与であることと、1年という時限条例であることからも私の「時限的な条例にすべき」という主張も入っていたために賛成をしました。

私は維新が提案をした「議員の報酬3割減」にも賛成しました。賛成したのは生活者ネットと維新と私であり、たった5人では条例提出権がなく上程にいたりませんでした。

政務活動費も私は160-170万円を返還しており、都議会の誰よりも身を切ってきました。いや、身を切るというより、ムダ遣いをしていません。公費は節約に務め、極力返還しています。視察も楽天トラベルで安いお宿やパックを利用し、マイル利用をすることもあります。

ですが、最近の報道の在り方は少しおかしいと感じています。話がそれましたが。

②豊洲市場問題の特別委員会が設置
賛成をし、共同提出をしました。
結果、特別委員会が設置されました。

問題はここから。

③百条委員会設置が否決される
共産党が豊洲新市場問題について、偽証などすれば罰せられる百条委員会の設置を主張しました。
わたしはそもそも、この豊洲市場の案件は最初から百条委員会に値する案件だと考えています。
ハードだけでも6000億円近い事業費を投入し、安全性の問題や談合疑惑まで持ち上がり、長年議会では虚偽答弁を繰り返していた案件です。百条委員会の設置の提案があったなら、これが確実で都民の皆さんの怒りに一番議会として応えられる制度なのです。

しかし、共産党の「議会で提案理由だけでもさせてほしい」という動議に賛成をしたのは、生活者ネットワークと、私と維新の3会派5名のみで、百条委員会設置に賛成をしたのは、共産党と私と維新のみでした。特に維新と私は一人会派であり、特別委員会も百条委員会も委員には入れないことから、強い姿勢は最初に打ち出しておかなくては「これでいい」と思われてしまいます。

この豊洲新市場のこの状態で、「まずは特別委員会で」という状態はもうとっくに過ぎているように思います。すでに虚偽の答弁や報告書も印象操作された「いつもの都庁」状態から全く抜けきっておらず、自浄作用が全くないことは明らかになっているのですから。第3回定例会で否決されましたから、百条委員会は「いまの状態ではまだ必要ではない」という都議会議員の認識ということになり、これは大きく都民感情とはかけ離れていると感じています。

ある少数会派が百条委員会ではなく、まず特別委員会でというような趣旨の討論をしたときに「分かってるなぁ」と満足そうな同調するやじ(?)が大会派の後方座席から聞こえたことは聞き逃せません…。

 

議会終了後の都側のご挨拶まわりでは、小池都知事は一人会派の私の部屋を無視するという舛添前知事のようなことはありませんでした。しっかりとお部屋の前にいらっしゃって握手を知事のほうから。現状1件の事案以外では知事の方向性には異論はなく、これだけ都政が変わるかもしれないという期待感があるのは初めてです。まだ結果はわかりませんが、私が都議会の一番の問題である隠蔽体質という部分はすでに知事のメスが入りました。市場長を更迭する報道がでました。これまで都庁側は何でも隠し通し、逃げ切る職員が出世するという状態だったことを「許さない」と知事は「知らないでは済まさない」という姿勢をとりました。これで、知っていても知らなかったということがTOPでは言い訳に使えないという状態を作りました。これを見た職員は今までどおりには少なくとも豊洲関連事業ではいかないという学習をし、問われたことでの隠蔽や印象操作がしにくくなるはずです。これは、すべての都民益につながる第一歩です。

 

プロフィール

塩村あやか

1978年7月6日生まれ。放送作家として「24時間テレビ」「シューイチ」など数多くの番組を担当。

2013年6月、世田谷区より東京都議会議員選挙に出馬、当選。現在、東京みんなの改革 代表、厚生委員会 副委員長、動物愛護管理審議会 委員として活動中。

女性政治家のリアル

個人献金のお願い

twitter

facebook

日経BP コラム連載中

DRESS コラム連載中

劣悪な環境のペットショップについて

TOKYO ZEROキャンペーン

塩村あやかと一緒に活動してくださる ボランティアの方募集中

お問い合わせ先・都政へのご意見

E-mail
info@shiomura-ayaka.com

Copyright © 2015 塩村あやかオフィシャルWEBサイト All Rights Reserved.