都議会活動

百条委員会設置が決定

  • 2017年2月22日 水曜日

昨年の10月より私は賛成していた百条委員会。
(そのときは共産党・私・維新のみの賛成)

多くの疑問のあった豊洲新市場問題は虚偽報告、入札経緯の不思議など都民ファーストであれば、その時にすぐに賛成をしてスムーズに解明をしていくのが議員として「チェック機能」を果たすことになったはずです。委員会や特別委員会で済ませていい損害ではなかったことは当時より明白です。

ようやく、本日の本会議で「全員賛成」で百条委員会が設置となりました。
これについては、全員賛成であれば、着席のまま「異議なし」というのが普通ですが、なぜか写真のように会議順序に「起立総員」となっています。


なぜか。
そのほうが「議会改革が世の中にアピールできる」ということ。
それを決めたのは、これまで散々百条委員会や議会改革議案に反対をしてきた議員の多くで構成される「議会運営委員会(議運)」です。
笑っていいやら、絶句したやら、呆れたやらで言葉もありません。

規則や慣例をすぐ変えられるとは、知りませんでした。
だって、私の「都議会だより」に写真が掲載されない問題(47都道府県で会派による差別は東京のみ)も議運マターで委員長にも申し入れをしましたが、簡単に変えられないということでした。
こうなってくると、都議会だよりの写真の問題のほうが難しい理由すらわかりませんね(苦笑い)。
やっぱり、都議会はおかしいです。

話を元に戻すと、
一人会派としてできることは昨年の10月から、議案をしっかりと判断をして百条委員会の設置を主張してきました。
設置が決定されたいま、一人会派としての責務を果たせました。
設置をされると、一人会派は委員になれませんので、ここからは大会派の議員の仕事になります。
日本中が注目をするこの流れで、ぬるい追及は許されません。

 

プロフィール

塩村あやか

1978年7月6日生まれ。放送作家として「24時間テレビ」「シューイチ」など数多くの番組を担当。

2013年6月、世田谷区より東京都議会議員選挙に出馬、当選。現在、東京みんなの改革 代表、厚生委員会 副委員長、動物愛護管理審議会 委員として活動中。

女性政治家のリアル

個人献金のお願い

twitter

facebook

日経BP コラム連載中

DRESS コラム連載中

劣悪な環境のペットショップについて

TOKYO ZEROキャンペーン

塩村あやかと一緒に活動してくださる ボランティアの方募集中

お問い合わせ先・都政へのご意見

E-mail
info@shiomura-ayaka.com

Copyright © 2015 塩村あやかオフィシャルWEBサイト All Rights Reserved.