都議会活動

予算議会終了

  • 2017年3月30日 木曜日

百条委員会、予算特別委員会を含む第1回定例会が終了をしました。
小池知事の登場で都議会が一気に緊張状態になり、数ヵ月後に迫った都議選に向けて各会派が選挙を睨んだ動きになった議会でした。

私は各委員会の委員ではないため、詳細まではわかりません。
しかし、予算特別委員会では、会期の延長をしたい自民党と他会派の攻防があったと聞いています。
委員長が都庁の中でいなくなり(なんと書けばいいのやら)、「都庁内かくれんぼ」が発生したとネットで騒がれていたように、都議会の常識は世間の非常識です。
とはいえ、制度上「休憩中」のステイタスなので、「深夜2時でも帰宅するほうが悪い」というのは否定もできず、制度の悪用ともいえない状態で攻防があったようです。

さて、閉会日でした。
予算はほぼ問題なく可決されました。
共産党が44年ぶりに都議会にて一般会計予算に賛成をし、賛成総員で可決の場面も。
都議会が変わってきています。

自民党の討論では「いわゆる、公明・共産・都民ファーストの知事与党連合」と面白いフレーズを15分の間に3回重ねており、笑いとヤジを誘っていました。なぜか民進(東京改革議員団)は入っていませんでしたが…。
都議会での構図はたしかに、公明・共産・都民F・(東京改革議員団)対自民党となっています。

そしてこれまた不思議なこともあり、都政への問題点を自民党が議場で述べており、他会派はそこには触れない…というこれまでと逆の現象の発生もありました。

やっぱり、圧倒的な一強では強きを慮る政治になってしまいますが、拮抗してくることが分かると自律的に変わってくることもあると感じました。

注目の議案のJKビジネス対策や、私学の一定の無償化など、確実に前進をしている都議会の予算。
無事に成立です。

「明日からは全力で選挙活動になる」。
他の議員さんは選挙モードです。ここからは議場から街に闘いの舞台を移し、選挙に向かいます。
最後の議会はありますが、選挙対応してものになっているので、今日までが実質的な「山場」でした。

みなさん、明日からは東京の街には多くの議員が活動を始めます。
レポートを受け取り、しっかりと吟味をしてみてください。ちなみに、レポートだけじゃ分かりませんから。
1つの事案をしっかり比較することで、見えてくるはずですね。

 

プロフィール

塩村あやか

1978年7月6日生まれ。放送作家として「24時間テレビ」「シューイチ」など数多くの番組を担当。

2013年6月、世田谷区より東京都議会議員選挙に出馬、当選。現在、東京みんなの改革 代表、厚生委員会 副委員長、動物愛護管理審議会 委員として活動中。

女性政治家のリアル

個人献金のお願い

twitter

facebook

日経BP コラム連載中

DRESS コラム連載中

劣悪な環境のペットショップについて

TOKYO ZEROキャンペーン

塩村あやかと一緒に活動してくださる ボランティアの方募集中

お問い合わせ先・都政へのご意見

E-mail
info@shiomura-ayaka.com

Copyright © 2015 塩村あやかオフィシャルWEBサイト All Rights Reserved.