MENU

  • 2020年6月4日に行われた内閣委員会の塩村あやかの質問動画はこちらからご覧になれます。
  • 2020年4月16日内閣委員会で、新型コロナウイルスの影響について、氷河期支援プログラム、奨学金とバイト代で生活している学生への支援、ペットを飼っている人が感染した時の支援、里帰り出産拒否対策等を質疑しました。動画はこちらからご覧になれます。
  • 2020年4月2日 内閣委員会で「道路交通法改正案」について武田良太国家公安委員長と質疑しました。動画はこちらからご覧になれます。
  • 2020年3月25日に行われた予算委員会で新型コロナウイルス対策について加藤厚生労働大臣等と質疑しました。動画はこちらからご覧になれます。
  • 2020年3月10日に行われた予算委員会公聴会で、新型コロナウイルスへの対応について公述人と質疑しました。動画はこちらからご覧になれます。
  • 2020年2月26日に行われた資源エネルギーに関する調査会での塩村あやかの質問動画はこちらからご覧になれます。
  • 2020年1月30日に行われた参議院本会議での塩村あやかの反対討論の動画はこちらからご覧になれます。
  • 2019年11月7日に行われた内閣委員会の塩村あやかの質問動画はこちらからご覧になれます。

ごあいさつ

こんにちは、塩村あやかです。

進学のため18歳で上京。仕送りゼロでアルバイトを掛け持ち、奨学金を受ける学生時代を過ごしました。

超就職氷河期の1999年に卒業を迎えましたが、奨学金の返済にも窮する「非正規雇用」で暮らしも不安定。それでも容赦なく年金や税金の支払いはやってくる。個人の頑張りには限界があると感じた20代前半でした。

少しずつ仕事が安定し始めた30代、世の不条理や社会の生きづらさを変えたいと決意し、政治の世界へ飛び込みました。

皆さま、覚えているでしょうか。

都議会議員として女性の妊娠や出産の支援に取り組んでいた当時、議場で「早く結婚した方がいいんじゃないか」「産めないのか」といったヤジを浴びせられたことがありました。

これは、日本社会で女性が置かれている状況を象徴する出来事だったと今でも強く思っています。

「女性だから」という理由で雇用や賃金が差別されるなんてことが、この時代にあってはならない。日本の女性国会議員の数が、全世界191の国・地域で144位(13.8%)という現実も、まさに今、変えなければならない。

一人ひとりがお互いを尊重しあい、それぞれの個性や価値観を認めていく。その先にこそ、誰もが生きづらさを感じずに自らの居場所で幸せに暮らせる社会が待っていると信じています。

この夏の決戦にあたり、私は世の中の“理不尽”と闘う覚悟です。
ひとりではありません、あなたと一緒に闘います。多様な民主主義の可能性を拓く第一歩を、どうか東京から歩ませてください。

塩村あやかプロフィール写真

塩村あやかプロフィール

1978年(昭和53年)7月広島県生まれ
共立女子短期大学 卒業
Australian School of Tourism and Hotel Manegement 留学
東京都議会議員(世田谷区選挙区・1期)
2017年10月 衆議院議員総選挙に無所属で出馬し惜敗
2019年7月 参議院選挙(東京都選挙区)に初当選
飼い猫は3匹で、ちみ太、たまこ、まるこ。