「立憲主義に基づく民主政治」「多様性を認め合い、困ったときに寄り添い、お互いさまに支え合う社会」「ひとつの価値観を押しつける政治ではなく、日常の暮らしや働く現場の声を立脚点としたボトムアップの政治」を実現するため、この夏の決戦で全力を尽くします。

※ それぞれの項目をクリックしてください。


  • 企業にメリットの大きい経済政策から、人に、家族に、私たちに光のあたる経済政策に転換します。派遣法など労働法制の見直しをします。介護士・保育士の給与を少なくとも平均水準まで引き上げます。
  • 超就職氷河期の非正規雇用は「景気回復の足かせ」「社会保障費の増大」「深刻な少子化」を招いており、まさに私自身が非正規雇用の当事者でした。不本意な非正規雇用を法律で制限して、望めば正社員になることのできる社会を目指します。
  • ワーキングプアをなくし、安心して働き暮らすことのできる賃金を確保し、個人消費を上げます。
  • 安心をして年を重ねるために、年金をはじめとした社会保障を大事にします。
    そのためにも、税の再配分を見直し、お友達や一部企業に再配分をするのではなく、教育や福祉など私たちの「暮らし」に再配分をすべきです。そのためにも、議員の行政チェックは大事です。

  • 不妊治療
    私自身も疾患があり、卵子凍結を選択しています。就職氷河期、女性の社会進出や実質賃金の低下などで共働きも増え、不妊治療を選択せざるを得ない人も増えています。まず、費用面の負担が重くのしかかります。保険適用拡大や、時限的でもいいので補助を拡大すべきです。
    また、日本は体外受精世界一多い国ですが、体外受精の出産率は世界最下位レベル。選択している医療の遅れが背景にあります。普及啓発も含め、総合的な後押しをしていきます!
  • 被爆2世として、憲法9条の精神を大切にして、平和を守ります。
  • 原発ゼロを一日も早く実現するため、原発ゼロ基本法を制定します。
  • 多様な個性や価値観が認められ、基本的人権が尊重される「共に生きる社会」を実現します。

  • 災害時の避難所で、人が人らしく生きるために必要なスペースなどを定めた国際基準である「スフィア基準」を大切にします。
  • 災害や自身の突発性難聴をきっかけに、要約筆記ボランティア講座に参加しています。
    (※耳の聞こえない人・聞こえにくい人のために、話の要点をまとめて書く方法を学ぶ講座です。)
  • 「ボランティア支援」イタリアには多数の職能支援員(ボランティア)が訓練を受けて登録され、災害時には7日分の補助を受けて被災地に入ります。日本もボランティア不足解消の一助として、「個人には税控除」、「団体には補助」を導入すべきです。

  • 動物愛護政策は都議会議員の時代より、国の超党派議連のアドバイザリーボードに地方議員代表として就任し(都議時代に日本初の悪質ペットショップの行政処分に取組んだ経験から)、政策提言を行ってきました。特に「数値規制」の導入に尽力し、法律改正にこぎつけました。
  • 日本の問題点は、行政殺処分だけでなく、闇殺処分が行われていること。その原因となっているペットショップや繁殖業に、国際標準の規制をかけなくてはいけません。生命の「大量生産・大量販売・大量闇処分」を許しません。
  • 具体的には、8週齢規制、飼養施設基準強化、虐待犯への刑罰適用の厳格化に取り組み、実現につなげています。